• 高岡漆器の沿革

高岡漆器は、江戸時代の初め(慶長14年(1609年))、加賀藩主二代目前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際、武具や箪笥、膳など日常生活品を作らせたのが、始まりです。

その後、中国から堆朱(ついしゅ)、堆黒(ついこく)等の技法が伝えられ、多彩な色漆を使って立体感を出していく彫刻塗、錆絵(さびえ)、螺鈿(らでん)、存星(ぞんせい)等多彩な技術が生み出され、高岡漆器を有名な漆器産地として発展してきました。

これらの技法は、高岡の祭りで使われる絢爛豪華な御車山(みくるまやま)に集結され、町人文化の中にしっかりと根づき発展してきました。

昭和50年(1975年)に国の「伝統的工芸品」の指定を受けました。

  • 高岡漆器使う素材

1、すべてが木製

A、指物木地 板を組合せて作る木地 (例)長手盆・文庫

B、曲物木地 薄い板を曲げて作る木地 (例)丸盆

C、挽物木地 「ろくろ」を使って挽いた木地 (例)菓子器、丸盆

2、すべてが国産

木製の木地から、下地塗り・中塗りの堅牢な作業、さまざまな技法を駆使した加飾、精巧な仕上げ塗といったすべての工程を熟練された高岡の職人の手によって仕上げております。

  • 高岡漆器の技法

1、青 貝 塗

あわび貝や夜光貝等、虹のような輝きをもった貝殻を刀・針等を用いて細片をつくり、これを組合せて、山水や花鳥等を表現する技法。

2、彫 刻 塗

木地に彫刻を施し、多彩な色漆を自在に配して立体感と独特の艶を出していく技法。

3、勇 助 塗

うるみ色の地に、唐物の雰囲気を持つ意匠に花鳥・山水・人物などの錆絵や箔絵を描き、要所に玉石などを施す総合技法。

4、変り塗

いろいろな漆・塗料を用い、多彩な表情を出す技法。

5、蒔  絵

漆で模様を描き、乾かないうちに金・銀などの粉や色粉を蒔きつけ、模様を表現したもの。

6、錆  絵

漆にとの粉を混ぜた錆漆に水分を適度に加えて柔らかくし、筆につけて、肉付きの厚い模様を描いたもの。

などいろいろな技法をおりまぜ、他産地にない豊かな特色のある漆器となっています。